時の車輪
時の車輪の世界 世界のコメント 作者 紹介 コラム
お知らせ
  ≫現在までに刊行された書籍紹介(ページ下部へ)
   
 
翻訳者
 
斉藤伯好

1935年、東京生まれ。好きなものはネコと翻訳。嫌いなものは戦争と学校。小学 生のころから大人の本を読みあさり、自分も小説を書く。小学6年生のとき、英語を 教わり、その面白さに魅了され、翻訳家になろうと決意。高校生のときに東京外国語大学の教授から、英語と日本語の知識だけは東京外大の卒業生を超えると認められ、 高額の賞金をいただく。特許広報、新聞や雑誌記事などを英訳して自活しながら、明治大学政治経済学部を卒業。大学4年だった21歳のときに上級職国家公務員試験に合格。22歳から38年間のサラリーマン生活をしながら、約250冊を翻訳。60歳から専業翻訳家となり、訳書は300冊を越えた。25歳のときに、星新一「ボッコちゃん」を英訳してアメリカのSF専門誌〈ファンタジイ・アンド・サイエンス・ フィクション〉に掲載。「スター・トレック(宇宙大作戦)」を30年間にわたり翻訳中。ナーハ「ロボコップ」、ムアコック「紅衣の公子」シリーズ(全6巻、英国幻想文学賞受賞)なども訳し、アスプリン「銀河おさわがせ中隊」シリーズも翻訳中。

 

 
イラストレーター
 

加藤俊章

加藤俊章公式サイト『T・K Logbook』
http://earthclan.tripod.co.jp/index_tklogbook.html

1980年代から主に書籍の装幀・挿画など出版メディアでの作品制作と、画廊での個展活動を展開し、90年代に入りファンタジィ小説のイラストレーションを手掛けるようになる。 繊細華麗な筆致と装飾性の高い幻想絵画を思わせる作風を確立し、ファンタジィアートのイラストレーターとして人気を博す。 近年はゲームソフトのキャラクターデザインを手掛けるなど活動の幅を拡げている。2002年に95年と2000年の個展に出品された作品をまとめた画集を中央公論新社より刊行予定。

主な個展
85' 86' 92' 加藤 俊章 神話の世界
95' 眠る牧神/物語の回廊
00' 物語の回廊2

主な著書
加藤 俊章幻想画集 幻神 (中央公論新社)
加藤 俊章アートワークス パラティヌスの武勲詩 (双葉社)

主なゲームソフト
ポピュラス2  (イマジニア)
オウガバトル64 (クエスト)


現在までに刊行された書籍 書籍のご購入は ハヤカワオンライン へアクセス。
 


第1部
竜王伝説
The Eye of The World
≫詳細・回顧録

妖獣あらわる!
妖獣あらわる!
1997,11
魔の城塞都市
魔の城塞都市
1997,11
金の瞳の狼
金の瞳の狼
1998,1
闇の追撃
闇の追撃
1998,2
竜王めざめる!
竜王めざめる!
1998,3
     
 
 

第2部
聖竜戦記

The Great Hunt
≫詳細・回顧録 

闇の予言
闇の予言
1998,7
異世界への扉
異世界への扉
1998,9
異能者の都
異能者の都
1998,11
大いなる勝負
大いなる勝負
1999,1
復活の角笛
復活の角笛
1999,3
     
 
 

第3部
神竜光臨
The Dragon Reborn
≫詳細・回顧録
 

魔人襲来!
魔人襲来!
1999,5

白き狩人
白き狩人
1999,7

夢幻世界へ
夢幻世界へ
1999,9
闇の妖犬
闇の妖犬
1999,11
神剣カランドア
神剣カランドア
2000,1
   
 
 

第4部
竜魔大戦
The Shadow Rising
≫詳細・回顧録
 

忍びよる闇
忍びよる闇
2000,3
石城は陥落せず
石城は
 陥落せず!
2000,5

それぞれの旅立ち
それぞれの
旅立ち
2000,7
聖都ルイディーン
聖都
ルイディーン
2000,9
狼の帰郷
狼の帰郷
2000,11
闇が巣くう街
闇が巣くう街
2001,1
白い塔の叛乱
白い塔の叛乱
2001,2
聖都炎上!
聖都炎上!
2001,3
 
 

第5部
竜王戴冠
The Fires of Heaven
≫詳細・回顧録
 

選ばれし者たち
選ばれし者たち
2001,5
<竜王の壁>を越えて
<竜王の壁>を
越えて
2001,6
旅の大道芸人
旅の大道芸人
2001,7
青アジャの砦
青アジャの砦
2001,8
勇者ビルギッテ
勇者
ビルギッテ
2001.9
ケーリエン攻防戦
ケーリエン
攻防戦
2001.10
旅路の果て
旅路の果て
2001.11
竜王の旗のもとに
竜王の
旗のもとに
2001.12
 
  第6部
黒竜戦史
Load of Chaos
≫詳細・回顧録
偽の竜王
偽の竜王
2002,3
闇の密議
闇の密議
2002,4
白マントの野望
白マントの野望
2002,5
太陽の宮殿
太陽の宮殿
2002,6
白い塔の使節
白い塔の使節
2002,7
新アミルリン位誕生
新アミルリン位
誕生
2002,8
黒い塔の戦士
黒い塔の戦士
2002,9
竜王奪還
竜王奪還
2002,10
 
  第7部
昇竜剣舞
A Crown of Swords
≫詳細・回顧録
金色の夜明け
金色の夜明け
2002,12
反逆の代償
反逆の代償
2003,1
戦士の帰還
戦士の帰還
2003,2
伝説の異能者
伝説の異能者
2003,3
光の要塞陥落
光の要塞陥落
2003,4
織女の秘密
織女の秘密
2003,5
剣の王冠
剣の王冠
2003,6
 
 
  第8部
竜騎争乱
The Path of Daggers
≫詳細・回顧録
嵐の来襲
嵐の来襲
2003,9
金の瞳の密使
金の瞳の密使
2003,10
氷上の盟約
氷上の盟約
2003,11
精鋭たちの召還
精鋭たちの召還
2003,12
竜王軍の逆襲
竜王軍の逆襲
2004,1
     
 
  第9部
闘竜戴天
Winter's Heart
≫詳細・回顧録
黒アジャ捜索
黒アジャ捜索
2004,4
偽りの英雄
偽りの英雄
2004,5
九つの月の予言
九つの月の予言
2004,6
消えた聖竜士
消えた聖竜士
2004,7
消えた聖竜士
シャダー・
ロゴス崩壊
2004,8
     
 
  10
幻竜秘録
Crossroads of Twilight

≫詳細・回顧録
エバウ・ダー脱出
エバウ・ダー脱出
2004,12
闇の狩猟
闇の狩猟
2005,1
王国の盟主
王国の盟主
2005,2
二つの<塔>の策謀
二つの
<塔>の策謀

2005,3
黄昏の十字路
黄昏の十字路
2005,4
     
 
  11
竜神飛翔
Knife of Dreams

≫詳細・回顧録
闇王の魔手
闇王の魔手
2006,12
狼の誓い
狼の誓い
2007.1

王都シームリンの攻防
2007.2

黄金のツルは
飛び立つ
2007.3

<赤手>軍出撃
2007.4

夢のナイフ
2007.5
   
 
  <時の車輪>外伝
始まりの書
−新たなる春−上下巻

New Spring
≫表紙拡大
新たなる春
2004.10
上巻
降りしきる雪のなか、タール・ヴァロンに近い<鉤の尾根>で、ラン・マンドラゴラン卿率いる<大連合軍>の一隊は、アイール軍を待ち受けていた。だが、現れた敵の数は二千、対するランの軍勢は四百。誰もが死を意識したその時、アイール人は声をそろえて叫んだ──「唯一無二の男!」と。いっぽう<白い塔>では、異能者候補のモイレインとシウアンが見守るなか、ジダラ・セダーイが<竜王の再来>の誕生を告げていた!
下巻
青アジャの異能者となったモイレインは、辺境の国カンドールにいた。そこに<白い塔>からシウアンが恐ろしい知らせを届けてきた。アーガニヤほか前アミルリン位タムラが密かに任命した5人の異能者が、ことごとく不慮の死を遂げたという。黒アジャの仕業か?つぎの手がかりを求めてチェチンへと向かう途上、モイレインは3人のマルキア人に護衛を頼むが・・・・・・モイレインとランの宿命の出会いを描く<時の車輪>前史。堂々登場。
 
  ファンタジイの殿堂
伝説は永久に 3
☆時の車輪外伝☆
伝説は永遠に3
伝説は永遠に3
2000,12
有名シリーズ外伝を、すべて書き下ろしで収録したアンソロジーとして刊行されている『伝説は永遠に 3』 本書に収録されている物語に、異能者モイレインと護衛士ランとの出会いが記されている。異能者(アエズ・セダーイ)に昇格したばかりの初々しいモイレイン、 そして同じく昇格したばかりの、将来アミルリン位となるシウアンまでも登場する。 黒アジャはすでに蠢いていた・・・ファン必読の本シリーズ前日譚である。
 
Copyright(C) Hayakawa Publishing,Inc. All Rights Reserved.
produce & design by japancontents